#105.さあ、公式問題集で本番リハーサルです。

105日目、いよいよ公式問題集を使って本番リハーサルをしてみます。
しっかりと2時間計って、緊張感を持って解いていきます。
できれば邪魔の入らない図書館の学習スペースなどで行うのがもっとも適していますが、自宅でも、邪魔の入らない工夫や、家族の協力を得ましょう。

スポンサーリンク

105日目の勉強内容

一通り解いているので、答えが分かってしまっているのですが?

数日前とはいえ、日本語訳もすべて確認済みの問題です。
当然、考えなくても答えが分かってしまっている問題がほとんどです。
それでも、2時間きっちり計って解いてみてください。

時間を計って休憩なしで行うと、Part5に差し掛かった時点で、脳の疲れも出てきます。
限られた時間でPart7を読み切る速度感覚も、想像以上に速いことに気が付くでしょう。

この通しのリハーサルでは、リスニング、リーディング、それぞれ以下のポイントを確認してください。

リスニングのポイント

  • 目を閉じてナレーションに集中する
  • 解き終わった問題のことは考えない。(あっ!さっきの問題はやっぱりAかな・・・など)
  • 全く分からない問題は、あれこれ考えず何かマーク。気持を次の問題に切り替える。

特に最後のポイントは超重要です。
分からない問題は考えても分かりません。スパッと諦めて、気持の切り替えをしたほうが精神的疲労が無く、同じペースで進められます。

リーディングのポイント

  • Part5、Part6は、とにかく限界スピードを追及して速く読む意識。
  • (本番では)他人のページをめくる音を気にしない。(えっ!もう次のページ解いてるの?)などと考えない。難しいと考えて、適当にパラパラめくっている人も多いのです。
  • Part7を後ろから解く方は、マークシートのずれに注意

加えて、Part5、Part6では、分からない問題は消去法をやってもかなり間違えます。時間をかけずに適当なものにマークしましょう。

答え合わせは

解き終わったら答え合わせをします。
間違えた問題については、解答・解説編の該当欄に印をつけておきましょう。
明日、この部分についての解説をもう一度読み、音読します。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ