#107.試験時間を5分残すペースに挑戦してみる。

107日目は公式問題集のTEST2を通しで解いていきましょう。
今回は、スピード重視でリーディング(Part5~7)を駆け抜けてみましょう。

スポンサーリンク

107日目の勉強内容

試験時間を5分余らせる意味

TOEICを久しぶりに受験すると、本試験では慎重になりますので、Part7で時間が足りなくなってしまう方も多いでしょう。
最後の10問程度がマークシートの塗り絵になってしまうとかなりの減点ポイントです。

そこで、公式問題集では、試験時間を5分余らせるスピード感を掴んでおいてください。
練習ですので間違えても良いのです。
自分に良い意味でのプレッシャーをかけて、70%理解を覚悟で高速に読んで下さい。意識しないと5分余らせることは難しいです。

Part5は問題数が減りましたが、とにかく頭から高速に読んでいく。
空欄の前後だけを読むのではなく、頭から最後まで読んだ方が、返り読みが不要になるので疲れません。

Part6、Part7は、 Questions xxx – xxx refer to the following ***. の *** 部分で気持ちの準備を整え、頭から一気に、振り返らずに高速に読む意識です。

とにかく感覚として掴んでおきたいのはスピード感です。
2時間はタフですが、このトレーニングはぜひ。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ