Q&A.受動態での過去分詞と修飾語としての過去分詞の違いが分かりません。

Evineの中学英文法を進める中で、Lesson26の過去分詞の使い方が分からないという質問を受けました。
なかなか手ごわい部分かもしれませんが、慣れれば簡単です。重要な部分ですのでご確認ください。

スポンサーリンク

【ご質問内容】

現在46歳で、同じような勉強を始めているところです。

ちょうど、2回目の中学校英文法を学んでいるときに、腑に落ちない部分があり、ネットで検索をしていて、ここにたどりつきました。

以下抜粋です。

P199の例文では、
He is my father examined by a doctor.
彼は、医者に診察される私の父です。

さあ、レッスン26まで到着しました。
あと4日で中学英文法の復習は一区切りとなります。

(抜粋ここまで)
119Pの本文では、my father (examin) by a doctor と書いてあり
正解が exmained となっていました。

これだと、おかしい!!? と思い悩んで2日目でした。

正解は 、? is exmained でないと、はまらないはず。でもこれでは受動態の例文。
ここでは、分詞構文の内容説明。??
自分は、まだ分詞構文と受動態の区別がつかないのか?と悩んでいます。

【ご回答】

中学英文法で、分詞構文はひとつの壁ではありますが、慣れてしまえば簡単です。

He is my father examined by a doctor.

この文は、簡略化すると、

He is my father. 彼は私の父です。

ここまではいいですね。

この father がどんなfather なのかを説明しているのが、あとに続く語句です。

(医者に診察された) 父

ということなのですが、修飾する語句が複数の時は、名詞の後ろから修飾するので、

父 (医者に診察された)

という並びになります。

~された、 という意味合いを持って名詞を修飾するのは過去分詞です。

ですので、 examined となるわけです。

受動態として使われるのは、 主語 be動詞+過去分詞 の並び。

受動態ならば、

My father is examined by a doctor.
私の父は医者に診察されました。

という風に使われます。

He is my father examined by a doctor.

この文での father は、主語ではなく、(Heが主語) 目的語となる名詞ですので、
そのあとには修飾語としての過去分詞が続いています。

なかなかややこしいところですが、Evineの中学英文法ドリルを何度か繰り返すと
解説文章も腑に落ちてきますので、参考にしてください。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ