Q&A.リスニング対策は公式問題集のみで良いのでしょうか?

シェアする

3月に受験予定の30代男性より、質問をいただきました。
リスニング対策として、公式問題集のみで良いのでしょうか?という内容です。
短い時間での取り組みポイントについてもご回答致しました。

スポンサーリンク

ご質問内容

はじめまして。38歳サラリーマンです。
3月のTOEIC試験で600点が必要なため、教えて頂いた勉強方法に取り組んで、約20日間が経ちました。
大学受験で英語は得意課目でもあり、特に英文法は好きであるため、中学英文はほぼクリア(2週目おわり)、おどろきも2週し、金のフレーズは苦戦しながらも、なんとか半分以上はセンテンスを見ると単語が浮かぶくらいにまでなってきました。文法特急はそろそろ1週目が終わります。
長々となりましたが、この状態で後は公式問題集のみがテキストになりますが、ヒアリングに特化したテキストは不要なのでしょうか?TOEICのスコアがリーディング・ヒアリングで約半分ずつと伺っています。公式問題集に取り掛かった時、ヒアリングが全く歯がたたない、ということになっていると不安が増してしまうのではないかと危惧しております。
お時間ございます時にアドバンテストを頂けましたらと思います。

ご回答

今回はじめてのTOEIC受験ということでしょうか。
3月の受験で、文法特急がそろそろ終わるという状況ですね。

この状況でしたら、まずはリスニング対策としても公式問題集1本に集中して学習(当ウェブサイトのスケジュール通り)で行うことをおすすめします。

公式問題集のリスニング問題に初めて取り組むと、ほとんど聞き取れない状況かもしれません。

しかし、聞き取れない原因をご自分なりに分析してみてください。

  • そもそも語彙が分からないのか
  • 場面設定に慣れていないのか
  • 発音が聞き取れないのか
  • スピードについていけないのか
  • イントネーション、なまり が聞き取れないのか

これらのポイントを把握していくと、正答できなかった問題にはパターンがあることが分かるはずです。

特に、学校英語ではなじみのない、オーストラリア人男性の早口や、イギリス人女性の特有の発音などが手ごわいと思います。

聞き取れないナレーターの問題を重点的に、何度も聞き直し、できればその問題を暗唱して、イントネーションや発音をマネして音読すると、かなり聞き取れるようになります。

短い勉強期間ですので、まずは1冊の公式問題集に集中したほうが良い結果につながると思います。

頑張ってください!

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする