オドロキモモノキ英語発音のカナ表記と実際の聞こえ方の違いに関する質問に回答しました。

30代男性の方より、「オドロキモモノキ英語発音子音がきまればうまくいく」の実践に関する質問をいただきました。
カナ表記された子音の強調とは違って聞こえる単語があるというご質問です。
ポイントは、実際には曖昧な母音が挟まれているということです。
参考にしてください。

スポンサーリンク

ご質問内容:Deviceはドゥブスなのですか?

男性 30代 受験経験無し

題名: オドロキモモノキの【パート2】子音発音表記について

メッセージ本文:
はじめまして、こんばんは。
問い合わせをさせていただきます。

当方、TOEIC受験経験ゼロの38歳会社員です。

2月から当サイトを参考にさせていただいています。
「中学英文法を修了するドリル」も先日完了しました。

題名にありますとおり、オドロキノノモキについての質問です。

59ページの単語(device)の発音カナ(ドゥヴス)とありますが、音声では、ディバイスと聞こえます。

子音の発音表記と音声の発音は、必ずしも一致しないと思っているのですがこの認識で合っていますでしょうか。

ご回答いただけますと幸いです。

よろしくお願いします。

回答内容

オドロキモモノキ英語発音ですが、確かに59ページの単語(device)の発音カナ(ドゥヴス)となっていますね。

非常に良いポイントに気づかれたと思います。

実際に聞こえる音声では、このドゥヴスという子音の発音の他に、曖昧な母音発音も聞こえていますので結果的に「ディバイス」に近く聞こえています。

ドゥ(い)(あい)

(い)(あい)の部分が曖昧な母音です。

ここでは聞こえたままを真似するものだと割り切って覚えてください。
重要なことは、ドゥ・ ヴ・ ス の部分を強調するということです。

子音の強調を意識しないで発音すると

デバイス

という発音になってしまいます。

他の単語でもカナ表記と実際の発音が違って聞こえる部分があるかと思いますが、よく聞くと、子音と子音の間に曖昧な母音が合成されていることがほとんどですので

  • 聞こえたままを真似する。
  • その中でも、カナ表記された子音部分を強調しすぎるくらい強調する。

というポイントに注意して進めてみてください。

これらを確認するだけでも、ご自身の発音は劇的に変化しますし、リスニングが確実に聞きやすくなります。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ