Untilの後ろは過去形なのですか?文法の疑問をネットで解決する。

男性Mさんより、文法特急実践における文法事項のご質問をいただきました。
初めて勉強する内容ですと、色々と疑問が湧いてくることがあると思います。

今回は、質問内容と私からの回答をご紹介するとともに、「この文法、この語法をちょっと調べたいんだけど?」という場合に便利なネット検索方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ご質問内容

男性 50代以上 M さん

題名: 文法特急 2章14 英文について

メッセージ本文:
お疲れ様です。
The manager was determined to stay at the office until the problem
had been taken care of.
(部長は問題が処理されるまでオフィスに残る決心した。)

ある訳文には
The manager decided to stay in the office until the problem was resolved.
と書かれてありました、until 以下は 過去形が正しいと思いますがいかがな物でしょうか? よろしければご意見頂けないでしょうか? よろしくお願いします。

ご回答:ネットで文法事項を調べるには。

untilの意味は 「~まで」 ですので、その文意が通れば過去形でも 過去完了形でも、現在形でも入りますよ。

until the problem had been taken care of. は、処理が完了した、という過去完了と考えて良いと思います。

Weblioの解説(http://ejje.weblio.jp/content/until)を見ると、until の後ろに現在形もありますね。

We must wait until he comes. 彼が来るまで待たなければならない 《★【用法】 節の中では未来形は用いない》.

・・・など。

文法事項を簡単にネットで調べるには?

私はよくWeblio での検索を使用しています。
Weblio

このページにアクセスすると、上部に検索ボックスがありますので、調べたい単語を入力して検索。

すると、発音のチェックから、文法事項の確認まで一通りできます。

ここで、文法用語がいろいろと出てくるのですが、Evineの中学英文法をしっかりこなしていれば、解説内容もかなり理解できるはずです。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ