TOEIC学習のモチベーションを上げる方法なんて無い!?

シェアする

「TOEICの勉強方法」と検索すると、多くのウェブサイトが見つかります。私も勉強をしなおそうという状況の時にいくつか拝見しましたが、「モチベーションを上げる」という言葉が目に留まりました。
確かに、英語学習は、継続さえすれば必ず伸びるものです。
何年たっても伸びない・・・というのは、「勉強が中断している期間がある」というだけのことでしょう。

そして、「モチベーションを上げましょう」と、いうことになるのですが、私の経験では、「そもそも英語学習を継続させるのにモチベーションを上げる方法なんて無い」ということです。(あくまでも私の感想です。)

スポンサーリンク

低いモチベーションを高めることはかなり難しい

よし、TOEICのスコアを上げてみよう!
という決意をしたとします。

もっと広範囲に考えて、
英語を話せるようになりたい!

でもいいでしょう。

ところがこうした理由では、毎日1時間以上の学習を、何ヶ月も続けることは難しいでしょう。

私が過去、続かなかった理由は、

やらなくても実は困らないから

ということです。
TOEICのスコアが800点程度あれば、自信がつくことは確かです。
しかし、取れなくても今その時の生活に何か支障が出るでしょうか?

なんとなく英語が話せるようになりたい!
と思っても、今、英語を話さないと困る事があるでしょうか?・・・ということです。

私が必死でTOEICの勉強を再開したきっかけは、生活上、TOEICスコアを上げないと困る状況になったからです。

必要に迫られて勉強するからモチベーション関係なし

「仕事上、860点以上ないと仕事が得られない」という状況になったのが2年前。
(当時、翻訳の仕事を請け負うために860点が必要になりました。)

その他の理由としては、このような条件に当てはまる方は、モチベーションなど無関係ですね。

  • 昇格試験にTOEICスコア730点以上必要になった。
  • 外資系企業への転職条件がTOEICスコア860以上。
  • TOEICスコア900点で、報奨金100万円が出る(例:ソフトバンク)

それでもTOEICの勉強したいですか?

私の考えとしては、なんとなく勉強してみたいから・・・という理由でTOEICの勉強をするのはあまりオススメしません。(特にこのウェブサイトで公開しているような地味な(?)勉強)

本当に必要に迫られた時に、「37歳からのTOEIC勉強法」というウェブサイトがあったなぁ、と思い出してのぞいてみてください。

半年でスコア800超えられますから、必要に迫られた時にやってみてください。

その時に始めても遅すぎるということはありません。

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする