TOEICの勉強なんてしてられない時は3分だけやる。

TOEICの勉強なんて嫌だ!
という瞬間が、30代の社会人には多々あります^^;
そんな時は、騙されたと思って3分だけ勉強して下さい。3分でいいですから。

スポンサーリンク

3分もできないならそもそも継続は難しい。

TOEICの勉強なんてしたくない!と思う時。

  • 仕事でストレスがたまっている時。
  • ものすごく疲れている時
  • とにかく眠い時
  • 飲み会の帰り
  • なにもかも面倒な時(ぐでたま状態)

30代の社会人にはよくあるシチュエーションではないでしょうか?
というか、毎日かもしれませんね。飲み会の帰りなんて、100%やりたくありません。

でも、1日やらない日を作ると、それ、癖になってしまいます。

やると決めた方は、こんな時、やってるふりでもいいですから3分だけ勉強して下さい。

酔っていても、眠くても3分ならできる。

酔っていても、3分ならできることがあります。
新たな知識は入りません。

復習のみですが、音読することです。

なんでも構いません。
まず、携帯でもスマホでも腕時計でもよいので、3分タイマーセット。

タイマーが切れるまで、何でも良いので昨日勉強した英文を音読。
感情を込めて(超重要)音読。

タイマーがなったら終了。おやすみなさい。

3分できると、そのまま30分はできる。

実は、これを実行すると3分では物足りなくなることがあります。
私の場合は高い確率で、30分以上継続できました。
(飲み会の帰りは別です。)

ちょっとストレスが溜まっていて嫌だな・・・という場合は、3分間、感情を込めて音読していると、ストレス発散ができてしまうことに気が付きました。

騙されたと思って、3分だけやってみてください。
3分やって寝るだけでもOKです。

最大の効果は、「今日はつかれているから勉強やーめた!」という日を作らないことなのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ