#011.英語の冠詞とは?使い方はイメージで覚える

11日目はLesson11で、英語の最初の関門、冠詞とは何か?そして使い分けについておさらいします。
a,an,the,無冠詞の使い分け方についての復習です。

スポンサーリンク

11日目の勉強内容

・『Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル』のLesson11の解説を赤ペンを入れながら読んで理解する。
・ドリルは別の紙やノートにやってみる。

▼今日のポイント(学習後に確認してみてください。)

冠詞とは?

名詞の前に位置し、名詞のイメージを特定します。
どの冠詞が付くか、または付かない(無冠詞)かによって、その名詞の意味ががらっと変わってきます。

冠詞の種類と意味の整理

a,an

名詞の綴りが母音で始まる場合は an , その他の名詞では a が用いられます。
単数の可算名詞にのみ使用され、「不特定のものの一つ」であることを表します。

会話に初めて登場する名詞、会話の相手との間に共通認識のない名詞に a,anがつきます。

the

the は、特定・限定のイメージをもたせる冠詞で、すべての名詞に使用されます。

P82の例文に a,anとtheの違いが示されています。:
I met a man last night.

Did you talk to the man?

はじめの文では、「ある一人の男」という、会話に初めて登場する人物なので a が使われ、相手のセリフでは、その男に限定しているので the が使用されていますね。

the は、「その」という意味だけでなく、話し手同士に共通認識があるというのが大きなイメージです。

無冠詞の状態になる名詞は?

P83の解説にあるように、
抽象的な名詞(love nature information),形が一定でない物質の名詞(milk water money),固有名詞(Japan, Suzuki)などは冠詞が付かない無冠詞です。

冠詞と名詞の整理は、P84の表でしっかり確認しましょう。
TOEICであまり厳密に出題されませんが、ビジネス現場で英文メールを送るときに、冠詞のイメージを知っているととても便利です。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ