Q&A.英語発音のイントネーションはどうすればいいですか?

シェアする

英語を音読で覚えようとすると、発音やイントネーションが自己流で良いのか?ということが気になりますね。
次のようなご質問を受けましたので、お答えした内容を記録しておきます。

ご質問内容
切実に870点を狙いたく、先生の勉強方法を是非に試してスコアをあげたいのでが。
音読時イントネーションは気になくていいんでしょうか。
部分否定の下降上昇調やnotが末尾まで及んで、文全体否定かそれとも動詞のみの否定なのか、
(例) I do not know that he was not home.
が神経質なせいか気になってしまいます。
お忙しい中すいませんが是非ご教示お願いいたします!

スポンサーリンク

【ご回答】とにかく真似ですが、音声は選びます。

音読のイントネーションへのご質問についてお答えします。

まず、TOEICでスコアを上げるということですので、
TOEICのナレーターの音声(発音、イントネーション、スピード)を真似すると
いうのが一番です。

NHKのラジオ講座でもなく、
英会話スクールのネイティブの先生でもなく、
TOEIC公式問題集のナレーターの声です。
TOEIC本番試験と同じ人たちが担当していますので、
本番でも聞き取れるようになります。

さて、私がウェブサイトで公開している方法では、
公式問題集は後半に出てきます。

それまでは、「金のフレーズ」「文法特急」を音読するのですが、
ここでは、語彙と、基本文法事項を、頭で理解するだけでなく、
音読により、体全体で叩き込んで、思い出す速度を瞬発的にさせます。

「金のフレーズ」「文法特急」の音声ファイルは、
TOEICのナレーターとは残念ながら別の方です。

しかし、英語発音、イギリス発音の2人で構成されていて、
TOEICナレーターよりも発音が綺麗で聞き取りやすいです。

まずはこの2冊の本での音声で、イントネーションも
そのまま真似てください。

イントネーションと言っても、文法的な強弱もありますが、
結局は重要な部分は強く・遅く、
補足的な部分は弱く・速く

というのが原則だと気づくはずですよ。

頑張ってみてください。

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする