#021.比較級のas〜as表現や強調および最上級表現

シェアする

21日目はLesson21で、比較級の同等表現as〜asや最上級の表現、そしてTOEICでもよく出てくる慣用的表現について学習します。

21日目の勉強内容

▼今日のポイント(学習後に確認してみてください。)

スポンサーリンク

同レベルの比較表現as〜as

Runa is cute.
Ruby is cute.

>> Runa is as cute as Ruby.

形容詞cute をasで挟むだけですね。

TOEICで出てくるas〜as表現で代表的なものといえば、

as soon as possible
できるだけ早く

という表現がPart6の手紙文などに登場します。

同等の・・・ではなくて、半分の、2倍のという場合は、asの前にそれぞれtwice, half などをつけます。

twice as old as you.
あなたの2倍の年齢です。

half as high as Mt.Fuji.
富士山の半分の高さです。

比較級で最上級を表現するには?

比較対象を、「それ以外のすべて」とすることで、最上級を表現することができます。

P162の例文

He is the smarter student in his class.
>> He is smarter than any other student in his class.

この他にも、基本ルールには収まらない(省略など)の、慣用的表現がありますので、P163,164をチェックしておきましょう。

中学英文法も今日を入れて10日で終わります。
100%理解はできていなくても、この本は疑問がわいた時にまた戻って来ればいいのですから、どんどん進みましょう。

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする