勉強時間を増やすには?3時間を作り出す3つの方法

108日で800点を超えたいので、1日あたりの勉強時間は2~3時間は確保したい。
でも時間がない!
分かります。社会人は忙しいもの。勉強時間を増やすには、今まで使っていた時間のどこかを削らなければなりません。

今日は、「3~4ヶ月でいいから、これを捨てて勉強してみませんか?」という内容を3つ書かせていただきます。これで案外3時間は捻出できます。

スポンサーリンク

テレビを見ない

朝起きたらテレビをつけ、帰宅したらテレビをつける・・・ちりも積もれば1日2時間~3時間。
テレビは一切見なくても、人生なんとかなります。

ドラマ、バラエティー番組、スポーツ中継、ニュース、
一切見ません。4ヶ月間、外国に行ってしまったと考えてみるのはいかがでしょうか?

TOEIC勉強期間を108日間と限定しました。
人生に一度くらい、テレビを見ない期間が存在しても大丈夫ですよ。

テレビを見ないと世間の話題についていけないのでは?

私もTOEIC勉強中、テレビをほとんど見ないという習慣が続いていますが、
新聞を朝10分ざーっと読むだけで、世間の動き、流行りの物がしっかり分かりますよ。

同僚や友人との会話で、はやりのお笑い芸人のネタが出てきて分からないことがあるじゃないですか。
いいんですよ。「なにそれ?テレビ見てないから分からない、Youtube見せてよ。」

知らなくても、こんなやりとりで同僚や友人としっかり会話できます。

スマホは電話機能のみ使う

スマホでネットやゲーム、SNSを見る時間がかなりありませんか?
これをやめるだけで3時間くらいあっという間に作れるかもしれませんね。

勉強期間の間だけ、こうしてみませんか?

必要な連絡は電話。プライベートなSNSは中断

LINE、Facebook、Twitter、

「ごめん、4ヶ月だけ中断するわ。用があったら電話して。」

完全に音信不通になるわけではありませんので、使用頻度が高い方は4ヶ月だけ中断してみてください。
ちなみに私はiPhone使ってましたが、ガラケーに戻しちゃいました。

連絡をとりあうのは、電話かショートメールですが、全然困りません。
携帯代金が通話し放題、ネット無しで月2700円になるのでお財布にも優しい選択です。

スポンサーリンク

飲み会に出ない

断れるのであれば、飲み会は欠席です。
飲みに行く日と、その翌日、2日間はまともに勉強できなくなるでしょう。

英語は「毎日」やるから効果が出るんです。断続的ではだめです。

どうしてもお付き合いの飲み会にで無くてはならないのですが・・・という方へ。
最後の断りのウソは、

「ごめん、医者から酒を止められていてね。4ヶ月くらいで良くなりそうなんだ。」

だれも傷つけないウソです。

お酒を止めないといけないのですか?

いえいえ、そこまでは言いません。勉強時間が確保できれば良いのです。
食事の後、風呂あがりにビールを飲まないとやってられない!という方へはこんな代替案です。

食後、風呂あがりのビール

代わりに、キンキンに冷やした炭酸水

けっこういいですよ。炭酸水は身体にもいいですし。
まとめ買いすればアマゾンでも500mlボトルが1本78円。

[2CS] アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン (500ml×24本)×2箱

そして、お酒は勉強の後のご褒美にまわしてください。飲み過ぎは禁物。

英語の勉強で最も大切なことは、

  1. 効果のある方法で
  2. 毎日継続すること。

これだけです。

効果のある方法は、私の実体験をもとにここですべて公開していきます。
あとは、毎日継続できるだけの時間を捻出してください。

モチベーションは要らないのですか?という方がよくいらっしゃいますが、コレに関しては別記事で。

TOEIC学習のモチベーションを上げる方法なんて無い!?

スポンサーリンク

関連コンテンツ