#065.一億人の英文法やForestがやっぱり必要なのでは?にお答えします。

シェアする

65日目。金のフレーズもそろそろ一段落です。3日後から文法特急に移りますが、よくある質問に「文法の参考書は、一億人の英文法やForestをやったほうが良いのではないでしょうか?」にお答えしてみたいと思います。

スポンサーリンク

65日目の勉強内容

文法を復習するなら一億人の英文法やForestの方が良い?

・・・という質問を何度か頂いています。

最近の英語学習向けムック本などでも、参考書ランキングで1位、2位の常連書籍です。
※ちなみに3位あたりDuoが来ることが多い。

英語の専門職(英会話講師・教員、通訳、翻訳など)に就きたい方は、これらの書籍か、ロイヤル英文法などの知識までが最低限必要となるでしょう。

しかし、

  • TOEICのスコアを半年以内に800点以上にし、
  • 海外出張や海外拠点とのビデオ会議、メールに自分で対応でき、
  • さら英語力が必要になった時にも勉強の見通しが持てる

というレベルに達するのであれば、必要ではないと判断しました。私の実体験に基いています。
これらの書籍は私も購入しましたが、TOEIC900点に達するまで、目次と一部内容を眺めた程度で、文法辞書代わりに保有しています。

中学英文法からの復習をしっかり行って自信をつけ、TOEIC800点に必要な文法力を身につける、というレベルまでであれば、本ウェブサイトでご紹介の書籍を自身を持っておすすめしています。

TOEICの勉強だけではなくて、英語力を徹底的に極めたい!という方で、1年以上勉強を続けていこうという方には、一億人の英文法&Forestは、とても読み応えのある良書であることは間違いありません。