#066.多義語も金のフレーズで一気に覚える。

シェアする

66日目。金のフレーズのP211から登場する多義語。同じ単語でも、使われるフレーズによって全く異なる意味として用いられます。
「うわ〜」と面食らいますが、40語に絞りこまれています。ひたすら音読作業で乗り切ります。

スポンサーリンク

66日目の勉強内容

TOEICによく出てくる多義語が凝縮されている。

ビジネス英語で使われる単語には、膨大な数の多義語が存在するわけですが、金のフレーズでは 40 multiple meaning words という項目で、P211〜 40単語紹介されています。

どのパートでも言えることですが、多義語としては必要十分な量だと思います。

ある程度学習経験のある方には、ひょっとしたら不安になるくらい物足りないかもしれませんが、特に、この40単語の中でも注目すべきなのは、意味が4種類以上紹介されている単語です。

4種類以上の意味が紹介されている多義語

  • address [動]対処する [動]話しかける [動]向ける [名]演説 [動]宛名を書く
  • complete [形]完了した [形]全部揃った [動]完了する [動]記入する
  • due [形]期限の [前]原因で [形]当然与えられるべき [名]会費 [形]〜することになっている。
  • extend [動]延長する [動]表す [動]及ぶ [動]差し向ける
  • feature [動]大きく扱う [動]目玉にする [名]特集 [名]特徴
  • issue [動]出す [動]発行する [名]課題 [名](定期刊行の)号
  • present [動]与える [動]提示する [名]現在 [形]その場にいる [形]現在の
  • reach [動]連絡を取る [動]情報を伝える [動]達する [動](得難いものを)手に入れる [動]到着する
  • run [動]運営する [動]出す [動]掲載する [動]続映される

多義語で紹介されている40語はどれも重要ですが、あえてその中でも意味が多いものを取り上げてみました。
この意味を見ただけで、前後のフレーズが出てくるようになります。
金のフレーズの音読効果は、「これと決めた単語集だけをひたすら繰り返す」から得られます。

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする