#071.Those whoの意味と修飾の仕方もよく出題されます。

シェアする

文法特急を解き始めてthose who~ の意味が分からず苦労することもあります。
今日はthose –ing と those who are –ingの違いを見てみましょう。

スポンサーリンク

71日目の勉強内容

  • 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急』の第4章の問題を解く
  • 間違えた問題の解説文を赤ペンを入れながら読んで理解する。
  • 赤ペンを入れた部分でポイントとなる項目を、問題ページにもメモとして書き込む

Those who 選択問題例

文法特急のP139の問題より。

____ wishing to be considered for the opening should submit an application to the personnel department.

空欄の正答は Those

解説文にあるように、ここでThoseはpeopleと同様の意味で、「不特定多数の人々を表す代名詞」として働き、後ろから wishing to be considered for the opening ・・・と、現在分詞 wishing で後ろから修飾しています。

Those は「あれらの~」という意味ですが、

Those who are wishing to ・・・

という意味と同じで、ここでは、who are が省略されている(と考えてみると)理解しやすいです。

他の選択肢である They も peopleと同じなのでは?とも考えてしまいがちですが、 They wishing to be considered for the opening という文章は文法的におかしいですね。

Theyは 後ろから修飾される代名詞ではありませんし、上の文を読んでみても、なんだか気持ち悪いです。

▼TOEIC人気ブログにランクインしました。


TOEIC ブログランキングへ

シェアする