#077.Part1で頻出のシチュエーションは金のフレーズにも登場

Part1によく出てくる表現について、少しづつ触れていきたいと思います。
繰り返し音読学習を進めると、「TOEICはかなり限定的な範囲である」と思えてくるはずです。

スポンサーリンク

77日目の勉強内容

Part1によく出てくる表現集その1

公式問題集のPart1を音読しながら、「これは本番でもよく出てくるな」と思うものを少しずつご紹介します。
正答の選択肢であるもの、無いものに関わらず取り上げています。今日は3つ。
(こちらはVol.4のものです。)

They’re trying on some shoes.
彼らは靴を試しばきしているところである。

try on で様々なものを試着している状況が出てきますね。「試着しようとしている動作中」の写真なら○ですが、すでに身につけた後の状態は×。

The women are handing out papers.
女性たちは紙を配っている。

これも、配っている最中なら○。ただ紙がテーブルに並べられた後だと×。

A game’s being played on a table.
テーブルの上でゲームが行われている。

人に視点が置かれるのではなく、行われている行為(この場合はゲーム)に視点が置かれるので受動態でしかも進行形。 being –ed の表現にも慣れておきましょう。

「TOEICのpart1は、こういう表現が多いよね!」という内容ですが、実はこの表現集は、出る単特急 金のフレーズの89ページからはじまる、「パート1重要語100」に、非常によくまとまっています。

この「パート1重要語100」の音読をしていた時に、自分で「こんな写真で出題されるだろう」と考えて場面をイメージしながら行っていくと、なかなか楽しいものです。

金のフレーズ音読練習はこの後も出てきますので、その時にまた思い出してみてください。
「Part1のエッセンスが凝縮された100フレーズがある」ということを。

スポンサーリンク

関連コンテンツ