#082.複雑な疑問文も分解して覚える

2/18に発売された公式問題集を購入しましたので、それを元にして進めています。
さて、Part2の問題レベルには、さほど難化は感じられませんね。
解いた問題で間違えた問題、知らなかった表現を丸覚えするつもりで取り組むのは同じです。

スポンサーリンク

82日目の勉強内容

Part2でも時々複雑な質問が出てくる

問題例:TEST1の問題28より

When do you think we’ll hear if we’ve won the Jones account?
a) I lost my accounting manual.
b)One of our biggest clients.
c)Ms. Watson might already know.

正解は c)

whenの後ろにdo you think が来ると、その後ろのSとVは疑問形であってもひっくり返らないということ、
そして、if we’ve〜 というように、ifでつないで 「〜かどうか」 という条件を示す文に慣れておく必要があります。

苦手な部分は納得行くまで音読するのが手っ取り早いですし確実です。

新形式対応編の公式問題集は、解答解説編のレイアウトもかなり見やすくなっていますね。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ