#083.Part3新形式は明らかに難化傾向!効率よく勉強するコツは?

Part3の問題数は30問から39問に増え、図表なども登場します。
公式問題集を効率よく覚えていくための手順を確認しましょう。

スポンサーリンク

83日目の勉強内容

新形式ではPart3が明らかに難化

2016年4月までのTOEIC公開テストでは、Part3の会話問題は10(各会話に3つの設問)でした。

2016年5月からの新形式は、

  • 13の会話問題(各会話に3つの設問)
  • 設問内に図表が登場
  • 会話中の特定のセンテンスの意味を選択させる問題も増えた。

このような変更点があり、明らかに難化傾向です。

設問内の図表は、それほど難しくはありませんが、
私が実際に解いてみて戸惑ったのは、
「会話中の特定のセンテンスの意味を選択させる問題」
です。

例:Test1 の設問54

What does the woman mean when she says, “we could use some help in the kitchen”?

それぞれ、試験中のコツは次の記事で触れていきたいと思います。

公式問題集ではじめて解く時にはかなり戸惑うかもしれませんので、スムーズに学習するために、次の手順がおすすめです。解くというより、効率よく覚えていく方法です。
自信のある方は、普通に解いてみてもよいでしょう。

  1. 解答解説編の日本語訳に目を通して、会話の流れを頭に入れる。
  2. CDを流して、実際に解いてみる。
  3. 次の会話文に移る前に、CDをを止めて、すぐに答え合わせ。別冊「解答解説」の間違えた問題の部分に赤ペンメモを入れる。

解いていく・・・と同時に、後日の音読に向けた準備です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ