#089.ツアーガイドの案内も頻出事項

Part4では、これまでもツアーガイドが旅行案内所で参加者への注意事項説明をしている場面が多く登場しています。
これも慣れの部分が多くありますので、ガイドの気持ちになりきって音読してみましょう。

スポンサーリンク

89日目の勉強内容

ツアーガイドが案内をしているのは、旅行案内所

■公式問題集TEST1のPart4の問題 設問95~97より

解答解説編のこちらを御覧ください。
part42016041301

アナウンスを聞いていると、ハイキング前の注意事項を、ツアーガイドが説明しているんだな・・・というのは分かると思います。

設問95はすぐに分かると思いますが、難易度が高いのは設問96。
設問の先読みをしないので、10秒程度でこのMapの必要なところを確認するのですが、「今はどこなのか」を確認できればすんなり理解できるはずです。

出発前のアナウンス、今は観光案内所なのですが、ここで参考資料の[Mountainside Park Trail Map]を見ると、[Visitor Center]があるので、ここで地図を見ながら注意事項と今日の行程を確認している・・・というのがポイントです。

本番では捨てる勇気も必要

事前の勉強段階では、今回ご紹介の問題も解けるように準備します。
しかし、本番の試験では図表が出てくるPart4は、かなり慌ててしまうことが予想できます。

公式問題集を確認すると、Part4でこのような設問は2題ですので、もし本番で分からなければ勇気を持ってパスすることも必要です。

この問題にこだわって、次の解けるはずの設問に集中できないことを考えると、パスすることでトータルスコアが上がる可能性の方が高くなります。

スポンサーリンク

寝る前にリスニングパートのかけ流しも有効

音読した日は、寝る前にリスニングパートをかけ流してみると、かなり聞き取れる事がわかります。
日本語でも話の流れを把握している上に、自分の口からも発したフレーズです。

私は布団の中でイヤホンを付けてリスニングパートをかなり小さい音にして聞きながら寝ていました。
最後まで聞き終わる前になぜか寝てしまうので、眠れない夜にやってみるとスーッと眠れます。

よく、「聞き流すだけで英語が話せる」という教材がありますが、事前に苦労して体得したフレーズでないと意味が無いでしょうね。

▼ブログランキングに参加しています。


スポンサーリンク

関連コンテンツ