Q&A.1日1時間、3ヶ月でTOEICスコア650点突破の勉強方法は?

1日1時間くらいしか勉強時間が取れませんが、3ヶ月程度で650点突破する勉強法はありませんか?という質問を頂きましたので、以下の様にご回答いたしました。
子育てとフルタイムのお仕事で忙しい女性からのご質問です。
650点でお祝い金が出るということで、モチベーションも保てますね。

スポンサーリンク

ご質問内容

初めまして。同じ38歳です(^^;)。
検索していて、こちらを見ました。
かれこれ18年ほど前に短大の英文科を卒業し(レベルは普通)、その頃が一番英語を話せたなと思い出す…こともある今日この頃です。
それからほぼ英語からは離れたものの、いつかはまた勉強したいなとずっと思っていましたが、フルタイムでの仕事や育児などにも追われ、なんだかんだの理由や意志の弱さで本日までやってきてしまいました…。
が!そのうち英語を話せるようになりたいという思いはありつつも、まずは会社でTOEICを一定点数とると、お祝い金が出ることもあり、周りから驚かれるのも楽しみであり、一念発起、TOEICでまずは650点を目指したいと思っています!
高校生のときか短大一年のときに、英検2級を取りました。TOEICは一度だけ受けたことがあって、多分15年位前だと思いますが500点でした(笑)。
今受けたら多分ほんとに350点位かとは思いますが、英語にはそんなに苦手意識は感じてはいません。今は全く話せない、聴けないですが。。
出来るだけ早く受験したいのですが、生意気なことを言いますが、1日一時間位の勉強で、9月のTOEIC受験で650点を取れるような短縮勉強方法などはありませんか?
もしくは、ホームページに記載されている1日ごとの勉強について、こうすればいいかもしれないなどのアドバイスがあればお願い致します。
色々やることがあって、1日一時間以上の勉強は、今の私には精神的にも体力的にも正直厳しいです…。

以前勉強していたことがあって開始20分くらいで眠くなってほんと困りました。。

勝手な思いではありますが、いかがでしょうか。
9月はさすがに無理というなら10月でも。または、1時間半位ならなんとか勉強時間確保できるかもです。
何せ帰ってくるのは六時半過ぎ、ご飯やお風呂、片付け、子供の寝かし…勉強は早くても9時30分から…

でも、土日はお休みで少しは時間いつもより取れそうです。

アドバイスよろしくお願い致します!

ご回答内容

同年代の方からメッセージをいただけるとうれしいです!

日本に住んでいると、よほどの理由がないと英語の勉強を続けるのは大変ですよね。(続けるメリットがダイレクトに感じられず・・・)

報奨金が出るというのは、良い環境ですね。
650点ならすぐに狙えると思いますよ。

別の読者さんで、400点から、1か月程度で600点突破したという報告も受けています。

フルタイムの仕事と育児の両立、本当に大変だと思います。
1日1時間でも大変なことでしょう。

1日1時間のプランで、9月に650点突破を前提に考えてみました。
現在500点レベルと仮定します。

まずは、公式問題集を買いましょう。

テストが2つ収録されていますので、普通にTEST1を2時間で解いてみてください。
ここでまず何点取れるか、分析が必要です。

ここで400点台だったら、中学英文法の復習が必要です。
特に

文型の考え方、
形容詞と副詞の違い、
関係代名詞

のあたりです。

Mr.Evineの中学英文法を修了するドリルをやりましょう。

普通にこなしていくとこれだけで30日以上かかります。
時短にするなら、解説文だけ読んでドリルはやらない、とにかく読んで中学英文法を思い出すということで、1日1時間、2週間くらいで読み終えるでしょう。

中学英文法は大丈夫!という場合は、

いきなり金のフレーズに入ります。
発音練習は飛ばして、とにかく音声を真似することに集中。

650点が目標でしたら、金のフレーズの単語No700くらいであとはカット。

1時間で音読を終えられるところまでを3週間は続けてください。
TOEICの単語を知らなければ、文法が得意でも意味がなく、
この泥臭い作業が避けて通れません。
ただし、一番効果が上がる作業(もはや勉強ではなく作業です)。

金のフレーズが終わりましたら、文法特急。

これは1冊じっくり解きます。1日1時間でできる範囲でOKです。
1回解き終わりましたら、2週間くらいは音読してください。
ダウンロードした音源にかぶせるように、気持ちを込めて。

そして、公式問題集に取り掛かりますが、

リスニングの方に重点を置いてください。
聞き取りにくいナレーターが必ず出てきますので、そのナレーター(例えばイギリス人女性)の問題を重点的に聞き、話し方を真似して音読します。

リーディングパートは、Part5とPart6に重点を置いてください。
文法特急の知識でかなり対応できます。
Part7は、本番では、後半に出てくる 複数の文書の問題は、捨てます。

時間内にすべてを解き終わる必要はありません。
解ける問題にじっくり取り組みます。
こうすることで、心理的なプレッシャーを最小限にして、
実力を出し切ることができるはずです。

リスニングも同じで、少しでも聞き取れない、さっぱり分からない・・・
という問題は適当にマークして、次の問題に備える。
分からない問題は、「どうだったかなぁ・・・」と考え込んでも正解しないばかりでなく、解けるはずの次の問題まで解けなくなります(汗

とりとめなく書いてしまいましたが、参考になるでしょうか?

ほとんどの方が、600点台の場合はリスニングの方がスコアが高い傾向にあります。
これくらいの勉強を1日1時間として、3か月できたとすると、

リスニング350
リーディング300

位に達すると思います。

週末にまとめて・・・というよりも、1日1時間を継続の方が、頭に残りやすいでしょう。

でも、体第一ですから、無理のないように気を付けてくださいね!

スポンサーリンク

関連コンテンツ