108日のTOEIC勉強を実践しましたがスコアが上がりません。に回答しました。

同じ30歳代男性の方より、当ウェブサイトの勉強スケジュールをこなしたのですがスコアが500点台からあがりません、今後どんな勉強をしたらよいでしょうか?という内容のご質問をいただきました。

特にリスニングパートがまだまだ伸びると思いますので、その改善ポイントについて回答させていただきました。
以下参考にしてください。

スポンサーリンク

ご質問内容

2016年10月~2017年1月の間こちらのサイトのスケジュール通りトレーニングをして来たのですが、スコアが500前半から全く変わりませんでした。(会社のIPテスト受験結果)

リスニングは手応えがかわらず、(part1はまだ聞こえますがpart2~4は70%くらい勘)
リーディングは文法は微増(60%→70%)でしたが長文読解は語彙が増えて読めている気がしていたのですがテストの結果に表れず。
という状態でこの後何をすべきか迷っております。

リスニングが250前後なので鍛えたいのですが、中々上がりません。
症状はナレーターの声が聞き取れていないという状態です。
聞き取るためにはひたすら公式問題集の音読でしょうか?

目標はスコア600で小さい子供が二人いるので早く決めて家族との時間を増やしたいです。

以上、回答頂けると幸甚です。

回答内容

当ウェブサイトで108日間のスケジュールをこなされたとのこと、大変な努力だと思います。お疲れさまです!
私も実際に860点目指して勉強している時はかなりしんどい思いをしていました。

TOEIC IPテストの試験結果が思うように出ていないということですね。
リスニングが250点前後で70%くらいが勘ということは、やはりリスニングを重点的に行った方がスコアアップには効果的ではあります。

リスニングが聞き取れないそもそもの原因としては、どれが当てはまるかまずは公式問題集で検証することをお勧めします。

どれかに該当すると思います。

  • リスニングパートの会話文内容がそもそも分からない(語彙、定型表現)
  • 速度についていけない
  • 印刷された文字では理解できるが、発音が聞き取れなくて分からない。
  • 選択肢そのものの意味が分からない(語彙、定型表現)
  • 特定のナレーターの発音が聞き取れない。

まずは何が原因と思われるか確認してみることです。

公式問題集のPart1~4の音読ですが、
前提としましては、一度問題を解いておいて、さらには日本語で理解して内容を把握してから音読する。(音読するときもしっかり意味は英語順のまま理解していく)という事を留意してみてください。

こちらはリーディングパートでも同様です。

意味は分かるけど発音が聞き取れない、スピードについていけないという場合は、必ず聞き取りやすいナレーターと聞き取りにくいナレーターに分かれると思いますので、ご自分で聞き取りにくいナレーターの問題を徹底的に聞き込み、自分でもその話し方(リズム、抑揚も)真似するように音読すると効果が上がります。

これまで公式問題集を解いてしまっていて、物足りないという場合は、ここ数か月の間に以下の2冊がETSより発売されていますので、こちらのリスニングも取り組んでみると良いでしょう。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集1

公式TOEIC Listening & Reading 問題集2 (2/17発売予定)

私もTOEIC500点台の時にいろいろ試した経験がありますが、リスニング対策は何といっても試験と同じナレーター音声が収録されている公式問題集が一番効果があります。

即効性のある方法をご紹介できれば良いのですが、
間違えた問題を検証して、繰り返し確認、音読、この泥臭い繰り返しが近道でした。

英語、TOEICの勉強で克服された経験は、お子さんが大きくなった時にいろいろとアドバイスできることにつながります。

ぜひ、トライしてみてください。
同じ30代父親として応援しています!

【追記】語彙、定型表現の理解が足りない場合は金のフレーズの理解度が80%以上かどうかチェックしておく必要があります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)