200点アップした大学生SさんよりTOEIC勉強法実践のコツを伺いました。

当ウェブサイトへの質問がたくさん来るようになりまして、その中でもなかなかスコアアップができないというお問い合わせも頂いております。

そこで、昨年200点スコアアップされた大学生のSさんに、「37歳からのTOEIC勉強法」を実践する上でのコツをメールにてインタビューさせていただきました。
実際に実践された方のアドバイスほど役に立つものはないだろうと思ったからです。

インタビューにご快諾いただきまして、金のフレーズの音読方法で自分なりに工夫して劇的な効果をあげられたとのことでした。
熱く語っていただきましたので原文そのまま掲載いたします。

スポンサーリンク

インタビュー内容

以下の内容を大学生Sさんにお聞きしました。

  1. 現在のスコアはどの程度まで上がりましたか?
  2. 108日間の勉強をしてみて、不安なこと、分かりにくい事はありましたか?
  3. TOEICの内容が分かる!と実感できたのは、およそ何日くらい経過どんな勉強をし終えた後でしょうか?(金のフレーズ、文法特急 を終えた後、など)

大学生Sさんからのご回答

Sです。

TOEICの勉強は進学に向け、現在も継続して努力しております。

英吉様が運営するTOEICのサイトは他に比べとてもわかりやすく、取り組みやすいと今でも感じております。

サイトを拝見する前までは、様々な情報に惑わされ困惑していたことを思い出します。
なので、このような形で過去の自分のように悩める方々に貢献できることを嬉しく思います。(TOEIC風

さて、アドバイスについてですが、

まず1点目

>>1. 現在のスコアはどの程度まで上がりましたか?

スコアは200点アップすることができました。

私がサイトを拝見する前のスコアは300点でしたが、サイトを参考に108日間とりくみ500点までスコアを伸ばすことができました。
600点まで欲しいので現在奮闘しております!

その中でも特に力がついたのが”文法力”です。
TOEICのスコア表には文法理解度80%のお墨付きをいただきました。

この要因としては、
・1ヶ月目の中学校文法の復習
・2ヶ月目の文法特急

が挙げられるかと思います。
これによってpart 5の文法問題はサクサクと解くことが出来るようになりました。
また、英語の理解度が上がり、長文問題が解きやすくなったと感じております。

>>2. 108日間の勉強をしてみて、不安なこと、分かりにくい事はありましたか?

これは個人差があるかとは思いますが、語彙について不安がありました。

サイトで推奨している”金のフレーズ”の音読ですが、私も1ヶ月間サイト通り挑戦しました。

しかし、1ヶ月たっても語彙力がついた気がしないのです。

例えば、長文で”reluctant(気乗りがしない)”という単語が出てきたときに、
この単語は金のフレーズでみた!ということは分かるのですが、
どのような意味だったっけ?となってしまいこのような、英単語→日本訳が出来ないことが多々ありました。

サイトでは
日本語訳→英単語
を連想するような勉強法となっているため(勝手な思い込み)、このようなことが起きたのだと思っております。

もちろん日本語から英単語を連想することは重要かとはおもいますが、
TOEICのリスニングやリーディングにおいて
英単語→日本語訳
を連想することの方が多いと思い、
私は金のフレーズの勉強方法を以下のように変え、効果を劇的に得ました。

(我流ではありますが、参考になればと思い掲載させて頂きます)

金のフレーズを1ヶ月で全ての単語の意味を9割覚えることを目標にします。

学習は、
金のフレーズの右ページを使い行います。
右ページでは、
————–
英単語
日本語訳
————–
の構成になっているので、
学習方法としては、
① 手で日本語訳を隠し
② 英単語を正しく発音
③ 日本語訳を考える
④ わかれば、日本語訳を発音し次の単語へ
⑤ わからなければ、手を離し3回繰り返し発音し次の単語へ
⑥ ⑤の単語があればもう一度上から、なければ次のページ

この流れで行います。

次に私が行った学習スケジュールですが、
金のフレーズを以下のように3つに分割し
① 1~400 600点レベル (400単語)
② 401~700 730点レベル (300単語)
③ 701~1000 860点レベル+990点レベル (300単語)

まず①は簡単な分類なため後にまわし(デザートは最後)
単語が難しい②と③から学習を行って行きました。

#1 は1日目 #28は28日目、◯~⚫は◯から⚫の範囲に対して上記の学習方法を行います。

1週間目は②を重点的に学習します。
#1 401~600
#2 501~700
#3 401~600
#4 501~700
#5 401~700
#6 401~700

2週間目は③を重点的に学習します。
#7 701~900
#8 801~1000
#9 701~900
#10 801~1000
#11 701~1000
#12 701~1000

3周目は②~③と①の学習を行います。
#13 401~700
#14 701~1000
#15 401~700
#16 1~400
#17 1~400
#18 1~400

4周目は①~③を繰り返し体に染み込ませます。
#19 1~400
#20 401~700
#21 701~1000
#22 1~400
#23 401~700
#24 701~1000
#25 1~400
#26 401~700
#27 701~1000
#28 1~400
#29 401~700
#30 701~1000

このスケジュールのコツとしては、短時間にいかにして詰め込むかです。

時間が空いてしまうほど、単語は頭から逃げ、また覚え直しです。
逆に短時間で覚えてしまえば定着しやすいですし、時間も節約できます。

最初は100単語に1時間かかってました、300単語では3時間以上かけてやっていました。

しかし、1週間、2週間たつにつれ、学習速度が上がってきます。
今でも毎日400単語ペースで学習していますが、30分程度でこなしています。

>> 3.TOEICの内容が分かる!と実感できたのは、およそ何日くらい経過 どんな勉強をし終えた後でしょうか?

TOEICの内容が分かると実感できたのは、金のフレーズを9割理解し、TOEICの公式模試のpart7を2冊時終わったときです。
100日ぐらい経過した時だと思います。

TOEICを受けた時、長文が以前にもまして速読出来ていることに驚きました。

要因としては、
・語彙力の向上
・長文のパターン(e-mailやチラシなど)の把握

が挙げられると思います。
TOEICの長文パターンは共通する部分が多く、パターンごとに決まったストーリがあります。
これを理解することで問題を解くスピードが上がりました。

長文となってしまいましたが、以上が私の回答となります。

Sさん、ご協力ありがとうございました!

実際に実践されただけあって工夫の箇所が随所に見受けられる素晴らしい報告です。
文脈から、TOEICの勉強の辛さを超えて、楽しめているのではないかと思うくらい自分のものにされていますね!

まずは語彙と文法の基礎固めを行い、公式問題集でTOEICの世界観ともいうべきお決まりパターン、場面設定の理解に進んでいくのですが、見事にその通り進んでおられると思います。

一度この勉強の形を覚えてしまえば、あとは何とでもご自分なりに応用できますのでぜひ、600点、800点とステップアップを目指してくださいね。

金のフレーズの覚え方については、他の読者さんにもかなり参考になると思います。
私はここまで綿密なスケジューリングをしていなかったため、後半は1冊丸ごと音読という強硬手段に出ていたのですが、確かにSさんの方法もアリだと思います。

日⇒英 英⇒日、どちらの覚え方が良いのかという視点は参考になります。
英⇒日 パターンで覚えていった方が頭に入りやすい方も多いでしょうね。

初めは日⇒英でこなして、仕上げに英⇒日で覚えるというのが効果的なのかもしれませんね。

TOEIC600点というのははじめの大きな壁だと思います。
本屋に行くと、「これ1冊で600点」 というキャッチーな本がたくさん並んでいます。
これらの本が効果があるのかどうか、また、その他の英語関連教材やスクールでも何が本当に役立つのか、見えてくるものがあると思います。

是非、Sさんの成功体験を周りの方にもお伝えいただければと思います。

今回は本当に参考になるアドバイス、ありがとうございました!

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)