自転車にソーラー充電式テールライトを付けました、英語で。

新しい試みの記事を作成してみます。私が普段の生活で体験したこと、調べて解決したことなど、日記にします(日記というより知恵袋的記事かも)。
そのなかで、一つの文章のみ、Google翻訳で英語にしてみます。

英語以外でも何かのお役に立てると良いのですが。息抜きとしてご覧ください。

英語で日記を付けてみようとすると大変なのですが、その中の一文だけでも英語にしてみると、その積み重ねが力になります。

日常英会話では例文集の暗記もよいのですが、自分が作った文章の一部を英語で確認すれば、より記憶に残りやすいでしょう。

今回は、自転車のテールライトを自分で取り付けてみた、という内容です。
私は自転車通勤なのですが、夜はテールライトがあったほうが安全だろうということで、アマゾンで取り寄せて装着しました。

スポンサーリンク

自転車にソーラー充電式のテールライトをつけてみました。

以下、日本語と英語を併載いたします。
まず、日本語は英訳し易いように作ります。
これを、Google翻訳にかけるだけです。(Googleの検索窓で「翻訳」と入力)
▼こんな感じですね。

日本語:
私は私の自転車にソーラー充電式のテールライトを取り付けました。

英語:
I attached a solar rechargeable taillight to my bicycle.

これで、ソーラー充電式の = solar rechargeable という新たな語彙を記憶しました。
このようにしていくと、自分の興味があることをどんどん覚えていけるはずです。

日本語は、主語、動詞、目的語がはっきりするように入力するのがコツです。
翻訳された英文は100%完璧とは限りませんが、単語レベルでの間違いは無いはずですので、ボキャブラリーの増強、「自分の言いたいことを英語で言えるようにする」訓練としては最適だと思います。

それでは以下、自転車のテールライトに興味のある方はどうぞ
(^o^)

最近では自転車にテールライトがついていることが多いですね。
電池交換不要なソーラー充電式でメンテナンス不要、暗くなり、かつ振動を検知すると自動的に点滅するという優れもののテールライトがアマゾンでかなり安く販売されています。

安全第一!ということで取り付けてみました。

装着方法:ちょっと苦労します。

泥除けとタイヤの隙間にラジオペンチを滑り込ませ、もともとついていた反射材を取り外します。
そして、今回のテールライトを締め付けます。

うまく装着できると、このように。

どのように点滅するのか?

こちらは動画を撮ってみました。
暗くなって、なおかつ振動が加わると点滅します。振動がなくなっても、30秒程度は点滅していますので信号待ちなどでも安全ですね。


今回はテスト的に投稿してみました。
英語の知識 + α の当ウェブサイトへの投稿はどんな反応になるのだろうか?というウェブサイトのテストです。

アクセス数の反応が良い様でしたら、本日記シリーズの継続投稿をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツ