37歳からのTOEIC勉強法を本当に信じて良いのでしょうか? に回答しました。

就活のためにTOEICスコア800を目指す大学3年生の女性Sさんより、「この勉強法を本当に信じてよいのでしょうか?」というご質問をいただきましたので、回答致しました。
様々な情報があふれるネット、様々な勉強法が紹介されています。

特に私は著名な講師でもありませんし、自分のスコアアップ体験に基づいた方法をご紹介していますので、このような疑問を持たれるのも良くわかります。
TOEICの勉強は仕事と似ていて、PDCAサイクルをいかに効率的に回すか、ということに尽きると思います。まずはPlan のP ができない事には始まりません。
Planについてはどこよりも詳しく解説しているつもりです。
あとは、Do(実行)、これを継続できるか。
そして、Check(改善ポイントのチェック) とAction(改善のためのアクション) を自立的に、そして自律的に継続できるかどうか・・・ここが勝負どころです。
私からの回答内容とともにご紹介します。

スポンサーリンク

ご質問内容

女性 20代 Sさん TOEICスコア401-500

題名: 相談させてください

メッセージ本文:
はじめまして。
私は大学三年生になったばかりの学生です。
就活に生かされることを今のうちにしておこうと思い、その1つとしてTOEICを800点以上取りたいと思います。
ただ、実際にどう行動すれば良いのかわからずインターネットで検索させていただきました。

その時、トップでこのサイトが見つかりました。
初めての方へのページを読ませていただきましたが、私にぴったりだと思いました。
ただ、たくさんの情報が溢れているこの社会で本当に信じて良いのかと失礼ではありますが不安に思っております。
難しい相談をしてしまって申し訳ないのですが、相談に乗ってくださると嬉しいです。

回答内容:

就活にTOEIC800点は、そこそこ武器になると思いますので是非、頑張ってくださいね。

まず、どんな勉強法にも100%保証はありません。
世の中には様々な情報がありますが、広告には誇大と思われるものも散見されます。

私のウェブサイトも、「本当だろうか?」と思われるのも無理はありません。

私がゴールに置いているのは、公式問題集の理解度を100%に近づける」という事です。

ただ、いきなり公式問題集に取り組んでも、理解するのは大変です。

そこで、まず公式問題集を解くために必要な 語彙と文法を補強します。

さらに、金のフレーズや文法特急の解説文章を理解するためには
中学英文法、特に5文型の知識がしっかりしているとスムーズです。

そのために、
Mr.Evineの中学英文法を修了するドリルを紹介しています。

また、学習全体を通して「音読の繰り返し」で知識に定着させる方法を取りましたので、
英語発音としては「オドロキモモノキ英語発音」をご紹介しています。

これはすべて、何冊もの参考書を試して私が厳選した5冊です。
多くの方からスコアアップ報告を頂いておりますので、効果はあるはずですが、「継続」できなければ何をやっても伸びません。

最大の難所は、「継続」です。

特に金のフレーズに入って、はじめの3週間は全く頭に入らないとお考え下さい。
その後、急激に覚えられるようになりますが、そこまで我慢できるかどうかが勝負です。

▼参考イメージ

最近のスコアアップ報告の記事をご覧いただくと、イメージがわくかもしれませんね。

スコアップ事例集

実践してみて悩み事があれば問い合わせてください。
何かしらアドバイスできると思いますよ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)