Q&A.TOEIC公式以外の問題集の効果的な使い方は?

内定式でTOEICの受験予定という きなこ さんより、ご質問をいただきました。

「公式以外の問題集の効果的な使い方は?」という内容です。

「とにかくたくさん回数をこなせ」と言われることが多いのですが、

自分の弱点を発見し、そこにフォーカスして対策していくという、いたってオーソドックスな方法をご案内しました。

スポンサーリンク

ご質問内容:問題集は3回解くだけでOK?

差出人: きなこ さん

20代 女性 TOEICスコア:401-500

題名: 問題集の活用法

こんにちは。
問題集の活用法についてお聞きしたいです。

私は、10月2日に内定式があり、そのときにTOEICを受験します。
目標は600点突破です。
残り2か月でこの目標が厳しいことは重々承知です。
これまでにTOEICは何度か受験しました。点数は450点です。
やる気がでず、とりあえず受験しておこうという気持ちで受けてきました。
しかし、今回はちゃんと勉強をして点数をとりたいと思いました。

こちらの記事を参考にまだ始めたばかりですが勉強をしています。
現在は、金フレの音読と「TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 600点突破」という問題集で勉強しています。
今後は文法特急、公式問題集でも勉強していく予定です。

そこで、今回お聞きしたいのは「TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 600点突破」のような問題集の効果的な活用法についてです。
問題集は3回解けとよく言われますが、ただ解くだけでも効果はあるのでしょうか?
問題集の効果的な活用方法についてなにかあれば教えていただきたいです。

こちらで紹介していない問題集へのアドバイスをお願いしてしまい、申し訳ありません。

どうぞよろしくおねがいします。

回答:

どんな問題集でも、何度も解くことは大切ですね。

公式問題集、非公式問題集、どちらでも考え方は同じです。
とにかく回数をこなすというよりも、以下の手順でより効率的にできるでしょう。

1.1回目は普通に解く。この時、問題番号などに自分でチェックしておく。
・自信が無いけどとりあえず選んだ → △
・全くわからない →?

など。

2.答え合わせをする。
・マークの付いていなかった問題(自信を持って選んだ選択肢)なのに間違えていたら
何かマークを付ける → ● など。

3.次に解くときには、マークの付いた問題だけ解く。そこでもまたマークを付ける。

4.以降繰り返し。

マークをたくさんするとごちゃごちゃして嫌、という場合は、別途ノートなどに問題番号を書いてマークしていくと良いでしょう。

又は、公式問題集に付録のマークシートを予めコピーしておくなど。

ちなみに、600点突破を確実にするならば、最新の公式問題集3冊に集中した方が良いと思います。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1
公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2

参考にしてくださいね!

【追記】
37歳からのTOEIC勉強法では、音読をしながら覚える方法が主ですが、一度解いて、間違えた問題にメモ入れていき、音読の度にそのメモを確認するという方法を紹介しています。

「簡単に習慣化」するのが目的です。

今回ご紹介した方法は、とにかく問題集をどんどん繰り返し解いていきたい。という場合に効率化する方法です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)