TOEICスコア報告:3ヶ月の勉強で300点アップ! 金フレ音読のコツは?

TOEICのスコア報告をたくさん頂いております。ありがとうございます。

先月も、他の方に参考になる報告を頂いていますが、ご紹介しきれておりません。
私からもスコアアップのコツをインタビューさせて頂いたフェデラーさんの報告をご紹介します。

スポンサーリンク

スコアアップ報告:3ヶ月間の勉強で300点アップ

差出人: フェデラー さん
30代 男性 TOEICスコア:701-800

題名: 御礼

30代会社員です。自己啓発のために2017/3/12の公開テストを受け425点でした。どうやって勉強しようか悩んでいたところ、本サイトを見つけ、5/8から7/23の公開テストを目標にして、スケジュールを若干省略しながら勉強開始しました。
76日目の7/23に受験、スコアが715点(L:425,R290)でした。運もかなりあったと思いますが、3ヵ月未満で約300点アップとなり自分でも驚きました。(今回はRの最後20問程が「ぬり絵」になってしまい、完全に時間配分を失敗しました。いずれにしてもRは弱いようです…)

金フレの時期が一番キツかった気もしますが、スケジュールがしっかり立てられていたので、目標をセットしやすかったです。感謝です。次回9/10も受験予定ですが、730点、800点超えに向けて継続していきたいと思います!

次にどんなテキストをやるべきか、悩んでいるところではありますが…
取り急ぎ、御礼申し上げます。ありがとうございました!

回答:

フェデラー さん

こんにちは。英吉です。

約300点のスコアアップ、おめでとうございます!
スケジュール通り行うのはかなり大変だったと思いますが、よく継続されましたね。

ご自分の生活スタイルに合わせて調整して、なんとか継続されたのがスコアアップにつながっていると思います。

フェデラー さんの場合はリスニング425点と、ハイスコアですが、これは音読と公式問題集への取り組みが物を言います。
(元々のリスニング力かもしれませんが)

リーディングが290点ですので、次回に向けてはズバリPart5、6の徹底トレーニングが必要なのではと思います。

Part7は、時間さえ有れば解ける問題が多いはずですので、いかにPart5、6で落とさないか。そしてスピード処理してPart7の時間を確保するか。

これがキーになります。

公式問題集を1冊のみ実践したのであれば、新形式対応版の残り2冊に取り組むか、

金のフレーズ著者 TEX加藤さんの
新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

が良いと思います。
「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」は、私も現在勉強中で、9月、10月の試験結果推移を見て詳しくレビュー予定です。

それから、金のフレーズはかなり大変だったと思います。
おそらくフェデラー さん なりに勉強方法を工夫されたのだと思いますが、どのように短縮したのか、そして大変だった部分を克服したのか、または1冊まるごと音読ではなくて他の方法を取ったのか、

もしよろしければ教えていただけますか?

金のフレーズ音読ではかなりの方が苦戦されていますので、体験談を教えて頂けると、他の方に良いアドバイスになると思います。

※ お忙しいと思いますので、これは「可能であれば」で結構ですし、スルーしていただいても構いません。
800点に向けて、頑張ってくださいね!

フェデラーさんからさらに回答頂きました。

英吉さま

ご丁寧な返信ありがとうございます。
また、書籍などのアドバイス、感謝致します。

現在公式問題集に取り組んでおりますが、「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」を購入致しました。
パート5,6のスピードをつかむことが重要なのですね。
9月公開テストまでは公式問題集を継続、その後「でる1000問」に取り組み、10月の公開テストに向けて勉強したいと思います。

私の短縮版のやり方ですが、「中学英文法を修了するドリル」をまとめて行い、1日で約4レッスンほど進め、日程短縮しました。
また、50~65日目のスケジュールに入っている部分でも、「中」をまとめて行い、日程を短縮しました。「金」「文」についてはスケジュール通りに実施しましたが、
「公」の音読も各パート1日ずつ程度、短縮して実施しております。
いろいろと短縮した分が「R」の弱さになっているかもしれませんが、これから勉強継続して、フォローしたいと思います。

さて、「金フレ」についてですが、初期は予定されている120分では終わらず、180分以上を要しました。また、全く覚えられませんでしたが、どこかに記載されていた「1カ月は身にならない」を信じてひたすら継続しました。苦しいですが、根性です。
ただ、全音読を続けると、「何となく覚えている」という感覚が出てきて途中からはかなり楽になりました。
根性という全く参考にならないもので乗り越えましたが、「1カ月の我慢」は本当に必要なのだと感じました。

あらためて、感謝致します。
また、何かありましたら、アドバイスお願い致します。

フェデラーさんありがとうございました!

フェデラーさん

英吉です。こんにちは。

返信ありがとうございました !
やはり、金のフレーズは大変だったと思いますが、根性で乗り切ったということですね!

1ヶ月は頭に入らない。

こういうものだと割り切って進められたのが良かったと思います。
そして、「何となく覚えている」というのも重要です。

何となくでも覚えていると、全体の文脈から意味がつかめる時もありますし、どの前置詞との組み合わせだったか・・・ということも感覚で解けることが増えてきます。

このような体験談はとても参考になります!

【追記】
メール中に出てきました「でる1000問」ですが、現在は108日間の勉強スケジュール上では紹介していません。

  • 一旦勉強スケジュールをこなされた上で、更に補強したい場合。
  • もしくは、「初受験で10日しか時間が無いんですけど・・・」という、弾丸受験の方へ。
  • 公式問題集も覚えてしまったので何か他の参考書ありますか?という方

には、とりあえずご紹介しました。

私自身のスコアに反映しきれていませんのでまだ詳しくレビューできる状態ではありませんが、「金フレ」と「文法特急」が合体してものすごいボリュームになった・・・という感じです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)