Q&A.金のフレーズの音読方法について

20代男性 なしさんより、金のフレーズの音読方法に関する質問をいただきました。
発音記号に関する内容、そして、右側ページの関連語句の部分はどうするのか?という内容です。

スポンサーリンク

ご質問内容:金のフレーズの音読方法

差出人: なし さん
20代 男性 TOEICスコア:受験経験無し

題名: 金のフレーズの音読について

はじめまして。
これから迎える転職活動を機に、少しでも有利になるよう、TOIECの勉強を始め、このサイトにも出会い、おおよそスケジュール通りに進んでいます。
現在、♯36まで進み、金のフレーズの音読に励んでいます。そこで気になったのですが、こちらで紹介されている金のフレーズを覚える具体的な手順について、新しく覚えようとする単語は、100語単位で先に音声を聴き発音を確認するとあります。

しかしながら、最新版の金のフレーズでは英単語の右下欄に発音表記があるのと、先に音声を聴くのも良いのですが、その直後に音読しながら覚えようとする時、「あれ?カタカナでふりがなを書いたものの、この発音で、このアクセント(強弱)で本当に良かったっけな?」と結局不安になり、再び音声を確認したくなります。

良い方法かは分からないですが、例えば①日本語から単語がすぐ分かるか確認②すぐに答えが分かっても、分からなくても意味を確認しつつ、音声で発音を確認③音声を真似するような形で音読を1-3回、というような手順はどうでしょうか?

また、一番右の語句に関する解説は熟読する必要はありますか?あるとすればどのタイミングで確認すれば良いですか?

長々と申し訳ございません。少しでも質の良い勉強をしたいので、ぜひ参考にさせてください。よろしくお願い致します。

回答内容:

こんにちは、英吉です。

金のフレーズの覚え方については、ご自身のやりやすい方法で進めてみて下さい。
私の公開している方法は、とにかく時間を短縮しつつ、一定の効果が出る方法を模索してたどり着いた方法です。

覚えた単語は簡単に、1回のみ、覚えていない単語は3回音読で定着させるという考え方です。

作業を単純化して継続することを目的にしています。

金のフレーズの暗記は、最終的には公式問題集をスムーズに読み進めるための土台ですので、スケジュールをこなしたらどんどん先に進んでいました。まずは8割程度の理解になると思います。

語句に関する解説は、全てを読んではいません。
興味のあるところのみ目を通しました。

文法特急や公式問題集で不明な単語が出てきた時に、金のフレーズを辞書代わりに引くと、かなりの確率で掲載されています。
その時に関連事項として右ページの解説をしっかり読みます。
すると、記憶に残りやすいですね。

参考にして下さいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)