Q&A.文法特急の音読スピードについていけません。

20代男性 社会人Aさんより、文法特急の音読に関する質問をいただきました。
音読スピードについていけないので、単に読んでいるだけになってしまっているとのことです。

意味を理解しながら音読する必要がありますので、アドバイスさせていただきました。




ご質問内容:音読スピートについて

差出人: 社会人A さん
20代 男性 TOEICスコア:301-400

題名: 文法特急の音読がついていけません。

はじめまして。
会社でTOEICのスコアが必要になり、勉強しています。

今、78日を過ぎたところなのですが、文法特急の音読がついていけません。

速すぎてついていけないかつ、読み方が分からない単語もあり、テキトーな感じで、何となく音声に合わせて音読していますが、これで大丈夫なのでしょうか?

長文のパートは、大部分が追い付けません。

どうか、ご教授のほどよろしくお願いします。

回答内容:ポーズを入れながら、自分のペースでまずは音読を。

こんにちは、英吉です。

なんとなく適当に音読しているだけでは意味がありませんので、音読についていけない場合は、まず事前に意味を確認し、音声再生にポーズを入れて、1問読まれたら 一時停止、音読、そして次の問題に、というように進める必要があります。

そのため、事前に問題を解いておき、不明な単語や、間違えた問題ならそのポイントとなる部分に赤ペンメモを入れておく、という方法でご紹介しています。

慣れてくればそのまま読めるようになると思いますが、個人差は大きく出る所です。

1日で無理なら数日に分けるなど、調整が必要になるかもしれません。

公式問題集についても同様ですので、適宜調整してみてください。




Q&A
▼TOEICの勉強、頑張ろう!と共感されたら↓のボタンでシェアして頂けると嬉しいです!

関連コンテンツ

37歳からのTOEIC勉強法