Q&A.2か月後にTOEICスコア650必要。金のフレーズ音読はどこまで?

30代男性 チャレンジャーさんより、金のフレーズ全部音読について質問いただきました。
2か月後に650点のTOEICスコアが必要という状況ですが、金のフレーズ全部音読に時間がかかりすぎてしまうということです。

2か月というタイムリミットがありますので、どんどん公式問題集の実践問題に取り掛かりたいところです。
アドバイスさせていただきました。




ご質問内容:金のフレーズの音読に時間がかかります。

差出人: チャレンジャー さん
30代 男性 TOEICスコア:301-400

題名: 金フレの音読について

いつも参考にさせてもらって学習しています。ありがとうございます。

2ヶ月後に650点以上をとる必要があり、現在猛勉強中なのですが、金フレの全部音読のステージで質問です。

現在、全部音読の2日目なのですが、全部音読もわからない単語は例文3回ずつ読み返したほうがいいのでしょうか。

まだまだ400語を超えたあたりからの単語が頭に残ってなく、全部暗記で3時間以上かかってしまいます。これはわからない箇所を何度か読み返していることが要因なのですが、わからない箇所もひとまずは読んで、次に移行したほうがいいのでしょうか。

ご教授いただけると幸いです

回答:2か月しかありませんので、とりあえず「見覚えのある単語」に

こんばんは、英吉です。

勉強時間が2か月しかないということですね。
日々の忙しい生活の中では、勉強できない日も出てくるでしょう。

すると、金のフレーズ 音読だけに時間をかけていると間に合わないと思いますので、分からなくてもどんどん先に進み、文法特急と公式問題集にいちはやく取り組む必要があります。

金のフレーズは覚えていなくても1回音読でどんどん流し、
「こんな単語が出てくるのだな」
という感覚をつかむだけ(覚えていなくてもOKとして)でも意味があります。

公式問題集を解く中で、不明な単語があれば極力その場で覚えるようにします。
その時に金のフレーズを辞書替わりに引いて掲載されていれば
「見覚えがある」状態なので、初見の単語よりも格段に覚えやすくなっています。

私が毎日全部音読に踏み切ったのは、「毎日見て、声に出せば、そのうち嫌でも覚えるだろう」という想定でした。
そして、3~4週間継続することですべて覚えました。
はじめの1~2週間は膨大な時間がかかりますので、ここを乗り越えられるかどうかがポイントなのです。

しかし、2か月後の試験ということは、実践的な問題に触れておかないと語彙だけ暗記しても太刀打ちできません。

金のフレーズはとりあえず流し、文法特急と公式問題集へと集中してみてください。




Q&A
▼TOEICの勉強、頑張ろう!と共感されたら↓のボタンでシェアして頂けると嬉しいです!

関連コンテンツ

37歳からのTOEIC勉強法