Q&A.金のフレーズが分からない場合は銀のフレーズの方が良いですか?

最近、銀のフレーズのお問い合わせを何通か頂いております。
金のフレーズを覚えるのが大変なので銀のフレーズは?ということですが、以下参考にして下さい。




ご質問内容:銀のフレーズから取り組むべき?

差出人: カズさん さん
40代 男性 TOEICスコア:301-400

題名: 銀フレ

いつもHPを参考にさせていただいおります。ありがとうございます。
さて、昨年初受験をして、400点弱の者なのですが、質問がございます。
今年のはじめよりコチラのHPを参考にさせていただき、中学基本と発音の本を終え、金フレを4、5週し、なかなか難しいなと感じていたたところで銀フレなるものをみかけました。
私レベルでは、コチラの方が良さそうにも感じられ、迷いが生じてしまっております。
6月の再受験を考えておりますが、これから定着期が来ることを信じ、やはりこのまま金フレではしりきった方が良いでしょうか!?
今回は銀フレで同様の取組をして、金フレは次回以降の受験に回すべきでしょうか。。

回答:金のフレーズだけでもOKだと思います。

カズさん

こんばんは、英吉です。
金のフレーズですが、なじみのない単語、フレーズですが、4,5回、覚えようと努力しても、すぐに忘れてしまうと思います。

私も含め、多くの方のご報告では全音読を3週間程度継続したあたりから急激に記憶に残るようになります。

どんなに覚えられない単語でも、3週間毎日目にして音読していたら覚えてしまった、という感覚ですが、金フレ全音読が無理という場合もあるでしょう。
かなり時間がかかってハードです。

そのような場合はスケジュールを伸ばして1冊を2~3日に分ける、
または、
覚えていない単語にチェックしておいて、覚えていない単語だけ覚えていく。

このような工夫が必要になるかもしれません。

さて、銀のフレーズ。私は実物を見ていませんが、金のフレーズだけでも十分と考えます。
銀のフレーズが発売されたのは最近ですが、300点台の方も金のフレーズからスタートして800点突破したという報告を頂いています。

これと決めた参考書を何度も繰り返すほうが効率的ですし、自信もつきます。
もし、問題集を増やすとしたら、公式問題集ですね。

参考にしてください。

【追伸】銀のフレーズを実践することが無駄という訳ではありません。時間があって、勉強してみたいという方はしてみれば良いと思います。
参考書・問題集はドンドン新刊が出てきますので、目移りすると思います。
限られた時間の中では、絞りに絞って、繰りかえしたほうが効率的です。

公式問題集だけは、余力が有れば追加すべきです。