TOEICスコア報告:61歳で800点越え達成!

おそらくこれまでのご報告で最年長、61歳 nishiyan さん より、かなり詳細なTOEIC勉強への取り組み内容と、865点のご報告をいただきました!

報告内容を読んでいただくと分かりますが、ここまでの力の入れようは、感服するばかりです。
私が繰り返し言及している
「1日数分でもいいから継続」
「日常生活の見直し」
「課題を見つけて自律的にかつ自立的に工夫する」
を、そのまま実践されています。

また、ご報告の後半にある聴力に関する事項、当てはまる方には参考になると思います。




ご報告内容:61歳で800超え達成!

差出人: nishiyan さん
60代 男性 TOEICスコア:801-900

題名: 61歳で800超え達成

こんにちは。60歳で定年後再雇用となり余暇の時間も出来たのでもう一度好きな英語を勉強しようかなと考えていたところ、Webで昨年11月に英吉さんの勉強法に出会い、非常に共感を覚えてスコア800を目標に勉強開始。
最初の108日は(最後に試験を受けた50歳頃のスコアは660だったので知っていた内容も多かったですが時間もあったし)愚鈍なほど日程に忠実に学習、109日目以降は公開試験日から逆算して自分で考えて選んだ問題集と勉強法でコツコツ頑張ってきたところ7月の試験で865(L490、R375)を達成しました。
年齢は61歳7か月でした。

英吉さんの勉強法指南で自分にとってどの部分が何が良かったかというと

(1)毎日継続して10分でも良いから継続して学習する癖をつけた事

(2)(1)の癖がつくと夜の晩酌とTVの眺め視聴を全くやらなくなったこと

(3)は毎日のお酒と無駄な時間を浪費しない健康的な生活が送れるようになったこと。

(4)公式問題集以外はどなたの書かれた参考書、問題集を信じて頑張れば良いかが明確になった、ことです。

特に(4)では公式問題集を徹底的に行うと回答を全部覚えてしまい、その後を悩んだ時に役立ちました。結果、109日以降は参考書・問題集はTEX加藤さん、ヒロ前田さん、加藤優さんを自分の御三家先生と定めて、「文法出る1000」、「究極のゼミPart3&4とPart7」、「至高の模試600問」、「精選模試500問」をこなし、これも終えた今は韓国原産の「YBM実践模試1000問」でトレーニングを継続しています。
10月試験まで申し込み済なので900点超えを目指してみます。

それと今回リスニングの490という異常に見えるスコアなのですがそれまで何度猛勉強しても420止まりだったので6月に受診した人間ドックの「聴力低下の記載がある診断書」をTOEIC事務局に送って7月は個室で試験官と1対1のイヤホンを使ったプライオリティ受験を受けさせてもらったところこの結果でした。
要は試験会場では微妙な発音が聞き取れていなかったもので思わぬ高地トレーニングをしていたようです。
聴力の問題がある方は申し込んでみられると良いと思います。

以上、英吉さん、本当にありがとうございました!!感謝感謝です!!

回答:生活面からの見直し、自律的で自立的な勉強、さすがですね!

nishiyan さん
こんばんは、英吉です。

詳しいご報告ありがとうございました。
日常生活の見直しから、ご自分なりの課題解決に至る流れまで、とても参考になります。
書店に行くとたくさん並んでいるTOEIC関連の参考書・問題集ですが、書かれた通り、筋を通して、自分の勉強方法にある著者のシリーズで固めていくと解説文章の理解も深まると思いますし、効率的ですね!

それにしてもリスニング対策の部分は興味深く読ませていただきました。
ひょっとしたら同じような境遇の方も多数いらっしゃると思いますので、nishiyan さんの方法で改善できることがあるかもしれませんね。

英語発音では子音部分の聞き取りが大切ですが、受験環境によっても変わる可能性はとても高いです。

このまま勉強を進めると、満点すら見えてきそうな感じでしょうか!?

【追記】
これから人生100年時代と言われる中、60代はまだまだこれから。そして人生経験も豊富な世代ですので、nishiyan さんのようにどんどん能力を伸ばしていただけると、とても頼もしく思います。

こう考えると30代40代はまだまだひよっこ世代なのかも…と考えてしまいました。




ご案内
▼TOEICの勉強、頑張ろう!と共感されたら↓のボタンでシェアして頂けると嬉しいです!

関連コンテンツ

37歳からのTOEIC勉強法