Q&A.育休中に600点から800点に到達するための勉強法について

育休中にTOEICの勉強をされている まなさんより、ご質問が有りましたので回答しました。

育休中に勉強して復職に備えたいという方からのメッセージも多くいただきます。みなさん努力されています。

ご質問内容:スコア605点からの勉強方法

差出人: まな さん
30代 女性 TOEICスコア:601-700

題名: 今後の勉強法について

英吉さん、こんにちは。
現在、育休中で来年の3月に800点目指して勉強中のものです。昨年、英吉さんの勉強法を一通りやり終えTOEICを受験したのですが、2018年11月時点で605点(L345点R260点)となり、2018年3月に受験したIPテスト645点(L375点R270点)より下がってしまいました。1月に出産し勉強は中断してしまいましたが、4ヶ月経ちだいぶ落ち着いてきたため、ちょっとずつ勉強を再開しています。
昨年、一通り勉強した中では金のフレーズで苦戦し全てを暗記できていないため、現在は単語帳の音読を繰り返すところから始めました。その結果、単語帳の音読中ではだいぶ正答率が上がってきたように感じていますが、問題集等で単語が出てきてもなかなか意味を思い出すことができません。この場合、まだ金のフレーズを続けた方が良いでしょうか?ある程度単語をマスターできたら、文法特急の復習やTOEIC問題集に進みたいと思っているのですが、まだ早いでしょうか?もし金のフレーズを続けた方が良い場合にはどれぐらいの理解度になるまで続けた方がよろしいでしょうか?
お手数ではございますが、ご返信頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。

回答:まずはTOEICの語彙力強化ですね。

まなさん

英吉です。こんにちは。
1月にご出産ということで、TOEICの勉強よりなにより、「ご出産おめでとうございます!
育児で大変なことと思います。
そんな中、勉強を継続するという チャレンジ、尊敬の念しかありません。

多くの方のご報告では、やはり金のフレーズなど、「TOEICに出てくる語彙」の理解度が高いほどに
その後の勉強がかなり楽になっているという事例が多いです。

その一方で、「単語の暗記だけはつまらないしやる気も出ない」というご報告も多くあります。
リーディングスコアが200点台ですので、 語彙と、Part5,6の文法事項、Part7が解ききれないなどの課題が大きいかもしれませんね。

金のフレーズの暗記がどうしても辛い・・・という場合は、以下の対処法も考えられます。

・とりあえず文法特急や公式問題集に進む。その中で不明な単語は、
→金のフレーズを辞書代わりにひいて、その場で覚える。
その時、出てきた問題文の状況を頭でイメージして、文章の一部として覚えてしまう。

・Part5.6対策では「文法特急」をご紹介していますが、更に補強したい場合は
でる1000問(TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問)金フレと同じTEX加藤さん著」
金のフレーズに出てくる単語も問題文中にほぼ網羅されていますので、解きながら覚えるという方法。

※ 問題数がとても多いので、不明な単語を探して覚えるための本にしてしまっても良いかもしれません。

来年3月までということで多少期間がありますが、 とにかく育児が最優先の状況だと思います。
お体を大切になさってくださいね。