Q&A.余った勉強時間の使い方について

30代男性 WATさんより、スケジュールに従って勉強を進めた場合、特に中学英文法の段階では時間が余る場合にはどうすればよいでしょうか? というご質問が有りましたので回答いたしました。

スポンサーリンク

ご質問内容:余った時間の使い方等

差出人: WAT さん
30代 男性 TOEICスコア:300以下

題名: 勉強法とブログでの紹介について

こんにちは。

WATと申します。
今年、会社で人生(おそらく)初めてのTOEICを受験しました。
これまで英語からは逃げ続けてきたのですが、転職を気に英語が必要になったことが主な受験理由です。
楽観的に400弱くらいかなぁと思っていたところ、290点という驚異的な点数を出してしまい、汚名返上の為にも勉強を始めようと思いこのサイトにたどり着きました。

英吉さんの紹介されているスケジュール通りに勉強し、来年1月のテストでいい点数を取りたいです。本当は推奨されている目標点数の800点を取ります!といいたいところですが、実力を考えるととても言えず、「いい点数」を目標にしています。

本題に入りますが、時間が少し余った時の勉強についてです。
スケジュールを見ると、余裕があればどんどん前倒しで進めてもよいと書いてありますが、前倒しではなく例えば中学英文法のドリルと並行して金の英単語を始めておくという方法もあると思うのですが、やはり順番にしっかり終わらせてから発音や単語に取り組んだほうがよいのでしょうか?

また、ブログで英語の勉強法として「37歳からのTOEIC勉強法」をリンクと共に紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

回答:詰め込みよりも勉強習慣の確立重視で

WATさんこんにちは、英吉です。

290点は、社会人の初回受験では普通の点数です。
200~500点は、誤差の範囲もかなりあります。マーク式ですので全く勉強していない人でも 400点台出ることがあります。

さて、私の経験上ですが、詰め込みは、できればやめたほうがいいと思います。
コツコツ勉強習慣を付ける意味でも、中学英文法ドリルはじっくりと。
徐々に英語の勉強に生活スタイルを合わせていったほうが成功率は上がるのではと思います。

ステージ2に入りますと、そのスケジュール通りではかなりハードになっていまして、
「とてもできません」
という感想が多く届きます・・・。

あくまでもサンプルのスケジュールですので、ご自分の生活スタイルに合わせて期間、やり方(合う・合わないがあります)を見極めてくださいね。リンクはご自由にどうぞ!

Q&A
スポンサーリンク



37歳からのTOEIC勉強法