Q&A.文法特急よりも入門特急が良いでしょうか?

Evineの中学英文法を修了するドリルも金のフレーズも終え、文法特急に入った方よりご質問をいただきましたのでご回答いたします。

スポンサーリンク

【ご質問内容】

金フレ音読も終わり[toeic文法特急を解く]段階です。
金フレは穴埋め音読97%程で、
後半急激に記憶が定着しやすくなりかなり楽しかったです。
しかし、TOEIC文法特急を解く段階で一問目かかわからず解けずこのまま進めていって良いのか迷っています
。金フレでやった単語はわかりますが、increases in demand 名詞+前置詞+名詞ってなんだ?と文法的にも迷ってしまいます。
Toeic文法特急が難解に感じる場合はtoeic入門特急などを解いた方が良いのでしょうか?
それとも、このまま解き進めて行ったほうが良いのでしょうか?

【ご回答】解けなくてもOK、すぐに解答解説をみてメモを入れてください。

さて、文法特急ですが、私も初めて取り組んだ時にはさっぱり
解けませんでした。
中学英文法の復習すらしていませんでしたので、
SとかVとか、形容詞とか副詞とか言われても???な状態でした。

解こうと思って、
10秒くらい考えても解けない問題は、
「解き方を知らない」
というだけのことです。

ですので、10秒考えて分からなければすぐに解答・解説を見てください。
その解説文を読んで、解き方を覚えていくのです。

そして、もっとも「そいいうことか!」
と腑に落ちた部分を、問題文に赤ペンでメモとして書き込んでしまうのです。

これは1冊まるごと音読するための準備段階となりますので、
初見で解けないのはあたりまえ・・・くらいの軽い気持ちで
良いですよ。

1冊まるごと音読の時に、赤ペンメモも眺めながら音読しますので、
繰り返す毎に解き方のポイントも同時に頭に摺りこんでいく感じです。

文法特急はまだ仕込みの段階です。
知識を吸収する段階であって、
問題を解けるようにするのは公式問題集に入ってからで十分です。

中学英文法の復習をおすすめしたのは、
この文法特急の解説文章の意味を理解できるようにするためです。

ここまで継続される方はなかなかいらっしゃらないと思います。
どうか最後まで駆け抜けてみてください。
スコアは必ず上昇するはずです。

それでは!

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)