#051.名詞・動詞・形容詞・副詞を語尾で見分ける方法とは?

金のフレーズの1冊まるごと音読を継続しながら、少しづつポイントとなる部分をご紹介していきます。
今日は、一つの単語から、派生語(名詞・動詞・形容詞・副詞)も覚えていく方法です。

スポンサーリンク

51日目の勉強内容

名詞・動詞・形容詞・副詞を語尾で見分ける方法

金のフレーズ単語No004のsuccessfulを例にご紹介します。

■ The event was successful.
(そのイベントは成功した。)

successful は形容詞で成功した、うまくいく、という意味。
この単語フレーズの右ページの解説には、successful の名詞、動詞、副詞バージョンも書かれています。

【名詞】success
【動詞】succeed
【形容詞】successful
【副詞】successfully

これだけ種類があると覚える気がしなくなる・・・と感じてしまうかもしれませんが、語尾に注目すると、ある程度規則性が見つかります。

すべての単語に当てはまるわけではありませんが、初見の単語でも語尾を見て、品詞が何なのか想像できるようになります。

これは、Part5の穴埋め問題で、品詞選択のヒントにもなりますね。

それでは一般的な語尾の特徴を見ていきましょう。

語尾による品詞の見分け方

名詞

[語尾]/[例] -acy / privacy
-al / proposal
-ance / acceptance
-er / trainer
-ist / florist
-ty / capability
-ment / appointment
-ness / happiness
-tion / satisfaction

動詞

[語尾]/[例] -ate / facilitate
-fy / justify
-ize / minimize
-en / fasten

形容詞

-able / applicable
-al / actual
-ful / successful
-ic / epidemic
-ical / medical
-ish / sluggish
-ive / sensitive
-less / pointless
-ent / proficient
-y / noisy
-esque / picturesque

副詞

-ly / successfully
-ally / actually

語尾を見るだけで、このように判断できます。
ということは、「動詞の後ろに空欄があったら副詞だな!」と判断することも可能になります。

※ 今は頭の片隅にいれておくだけでOKです。こうしたテクニックに走り過ぎるよりも、音読で、語感で理解できるようになります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)