#056.飛行機はよく遅れます。

56日目。空港のアナウンスでよく登場する、飛行機が遅れるという場面について触れてみましょう。

スポンサーリンク

56日目の勉強内容

飛行機は今日も遅れる

no-img3
単語No202に登場します。

All flights have been delayed.
(すべての便が遅れています。)

TOEICの世界ではどうしていつも飛行機が飛ばないんだ?という話題がありますが、なにかトラブルがあったほうが場面設定、話の展開としてはいろいろと広げやすいからでしょうね。
^^;

この例のように、すべてのフライトが遅れるというのは、
単純な mechanical trouble (機械的な故障による)ものではなく、inclement weather (荒れた天候)であるのでしょう。
単語No775の inclement weather(荒れた天候)もよく試験で目にします。

受動態と能動態の復習は

Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル』のLesson22に受動態と能動態の復習がりますので不安な方は目を通してみてください。

今回ご紹介の単語No202
All flights have been delayed.

では受動態です。

解説文を読むと、delayという動詞は(遅らせる)という意味があるので、(〜が遅れる)という場合は受動態になる・・・と書かれていますね。

どんな場合(どんな動詞)に能動態が使われて、どんな場合に受動態が使われるのか・・・というのは、やはりたくさん音読することで自然に理解したほうが早いです。

特にTOEICの問題では、人物にフォーカスが当たらないような場面ではほとんど受動態が使われると思ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)