Q&A.Part7英文が速読できません。頭の中でどう訳していますか?

英文が速く読めなくて、頭から読みなおしてしまうというお悩みの質問を頂きましたのでご回答します。

スポンサーリンク

【質問】

文の速読のスピードがなかなかあがってこないのですが、(一度読んで、後ろから訳さないと意味が取れない文章があるため)訳をする時、文をどのように頭の中で処理されて和訳されているか教えて頂けませんか?

【ご回答】

英文を読むスピードには、次の3点が重要だと考えます。

  1. 全体の文意の把握(文章の場面設定・目的)
  2. 個々の文の文型把握
  3. (特に)動詞はどれか?

1.この文書はどんな意図(誰が誰に、どんな場面で)なのか?

Part7の例で説明します。
TOEICでは、今日のトップニュースにあるような話題は出てきませんよね。

  • 北朝鮮が水爆実験を行った
  • オバマ大統領が銃規制強化の意向
  • とある女性タレントが不倫疑惑を否定した

などは出てきません。

TOEICに出てくるのは

  • 求人募集広告に対する応募メール
  • 家電量販店内でのタイムセールのチラシ
  • 図書館の改装スケジュールと、建築家の紹介
  • 新入社員歓迎会ピクニックのお知らせ
  • 海外出張でのフライト・ホテル手配を秘書に依頼するメール
  • 旅行先でのホテルの注意書き

・・などが出てきます。

そして、登場人物や会社・建物などの固有名詞は変われど、内容にはかなり限定的な世界観があります。

そのため、まずは和訳で「どんな内容・場面設定なのか?」を把握して、予想を立てながら英文を頭から読んでいきます。

金のフレーズで語彙を補充し、文法特急で文型を再確認し、公式問題集の和訳でTOEICの世界観をつかむという流れで学習してくると、自然とつかめるはずです。

例えば、ご自分のお好きな趣味の分野や、仕事で精通している分野の話であれば、多少分からない単語があっても英語を読んでいけますよね。それとおなじ感覚です。

TOEICのPart7も、結局は、「Part7に出てくるような文章の場面設定、話の流れのパターンを知っているかどうか?」が速読の鍵です。

これがまず、大まかな文章の捉え方なのです。

細かい点を見ていくと、やはり文型の把握ですね。

2.文型の把握

どこからどこまでが主語(S)なのか?
どれが動詞(V)なのか?
目的語(O)や補語(C)はあるのか?あるとしたらどれなのか?

これを頭においておきます。

例えば文法特急にあるこの文。

Sharp increases in demand for new homes are fueling concern over potential shortages in building materials.

頭から読んでいって、何が動詞なのかを探りながら読んでいますね。
( )内は私の脳内思考です。

Sharp increases 急激な増加(なにの?)
in demand for new homes 新築家屋の需要の (まだまだ名詞句が続くのかな?)

are furling concern ~は、急速に懸案事項となっている(are が来たからこれが動詞。SVCか。このあとは単なる修飾だな。)

over potential shortages in building materials. 建設資材の潜在的な不足という状況下で(この辺は流し読み。)

動詞(V)はどれか?

文型を完璧に理解出来ていなくても、文の中で骨となる動詞(V)を見抜ければ、全体の文意から自ずと主語(S)も分かるようになります。

上の例文では、are が動詞のSVC文型でした。

常に、動詞はどこか?と考えながら読み進めてみてください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)