#099.これは設問のヒントだ!という単語はだいたい決まっている。

公式問題集TEST2のPart7を解いていきます。
TEST1で培った技術を腕試しできる機会です。
今日は、問題文を読みながら、「これは設問で出てくるだろうな」というものを見つける方法に触れてみます。

スポンサーリンク

99日目の勉強内容

これは設問のキーワードだな!という単語にアンテナを

TEST2の設問147-148の クーポン券に関する問題を見て見ましょう。

クーポンの問題もPart7にはよく登場します。
文章量も少ないので理解しやすいのですが、何度も読んでいくと、設問を見なくても、「ここは設問に出てくるポイントだな!」という単語が頭に入ってきます。

これは、参考書で理解したり、誰かに教えられて理解するものではなく、

「意味を理解したうえで、何度も音読を繰り返す」

という作業を行うと、自然に身につくものです。
ここを飛ばして、他人に教えられても「ふーん、そうなんんだ」で終わってしまうのです。

前置きはこれくらいで、今回のクーポンの問題では、

  • Valid through June 30.
  • Excludes clothing, bags, and shoes.

の2箇所が、設問148のヒントになる部分。
クーポン券は、だいたい最後の部分に適用条件が書かれているので、重要なポイントです。

他の種類の問題についても、この種類の問題はここに注意しようというポイントが理解できてきます。

くどいようですが、繰り返し音読をしていない状態で、参考書でエッセンスだけ理解しようと思っても頭に残りません。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)