#100.メッセージアプリ形式の問題は、最高速度で。

今日でついに100日目です。ここまで継続されている方、本当にお疲れ様です!
Part7もTEST2になると、少し慣れくる問題も出てきます。
今日は簡単なところでLINEのようなメッセージ形式をおさらいしてみます。

スポンサーリンク

100日目の勉強内容

この種類の問題は、細かいことは気にせず早く読む訓練を

TEST2の設問149-150です。
はじめに refer to the following text message chain と書かれているとおり、LINEのようなメッセージアプリの問題です。

part720160512

TEST1でも触れましたが、登場人物は何人でしょうか?

Paula Malone と Martin Bilecki の2名。

出来るだけ速く、何について会話されているのか概要をつかむ感じで最初から最後まで読み進めます。

頭の中ではこの程度の理解


電車が遅れるからレッスンどうしよう?
中止にするか、生徒に15分遅れるって伝えて。
というPaulaからの連絡。
そしてMartin が機転を利かせて、先に来ていたトレーナーと変わってもらうアイデアを提示。


これくらいの概要をつかんでいれば、設問にも答えられます。
とにかくスピード重視です。

トリプルパッセージから解いていって、残り数分で解かなくてなならない・・・!という状況でも、この程度の問題なら意外と大丈夫です。

ところで・・・

話の内容ですが、9:00からレッスンスタートなのに、開始7分前に連絡ってすごいですね
(-_-;)

おそらく電車の中からなのでしょうが、出発前に、メッセージアプリでなくて電話した方がいいんじゃないでしょうか・・・?

こういうツッコミを入れながら読むと面白いです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)